謎の不調の正体は自律神経の乱れ

「なぜか気分が沈む」

「たいしたことではないのにイライラしたり怒ってしまう」

「何をするにも億劫になってしまう」

 

日々の生活を過ごしていると心の不調を感じることが数多くありませんか?

 

自律神経により影響が出ている方は、めまい、動悸、食欲不振、不眠、便秘、下痢、肩こり、腰痛、頭痛など様々な身体の不調に悩まされます。

 

これらの不調を解決するために病院で詳しく検査を受ける人もいますが特に原因が見つからない場合は「疲れ」として一括りにされてしまいます。

 

自律神経の乱れによる疲れには対処が必要です

自律神経とは、交感神経副交感神経があり自分の意志とは関係なく活動をしている神経です。

 

自律神経を車に例えると、交感神経はアクセル副交感神経はブレーキです。

これらのバランスが保たれているので日常生活を送ることができますが、交感神経が優位となっている自律神経の乱れの方は、血管が収縮し血圧と心拍数が上昇し興奮状態となります。一方で、副交感神経が優位となっている自律神経の乱れの方は、心拍数や血圧が低下し血管が緩んでいる状態となりリラックスできている状態となります。

 

自律神経は皆さんが気が付かない事に対して常に働いている神経なので、体の機能を維持するために体温を調節し、食べた物を消化・吸収・排泄、心臓を動かして全身に血液を巡らせ呼吸をするなどの24時間休むことなく働いています。

 

自律神経が乱れることで普段意識することなくできていることが意識してもできなくなるだけではなく、外見にも影響がある現われ、肌や髪の毛・爪などの細胞の再生が滞ることで見た目の老化にも繋がります。

 

上尾のふじの整骨鍼灸院では、検査では現われなかった自律神経の乱れや自律神経失調症の治療がおこなえます。

自律神経による乱れでお悩みの方はお問い合わせください。

 

ふじの整骨鍼灸院

〒362-0048埼玉県上尾市川236-1 第三加藤マンション